誰でもカンタンにできる地球に優しい活動!マイエコバッグv(*’-^*)ゞ

投稿者:中澤かずみ

プラスチックは便利だけど・・・

去年話題になったスタバの使い捨てストロー廃止。使い捨てストローが環境汚染につながるとして2020年までに廃止と発表しましたね。
ブラスチックはいろんな物になって使われていてとても便利ですが、使われた後のゴミとなった時にはかなり厄介な物なんです。自然分解されず半永久的に残ってしまう特徴があるので、ポイ捨てやごみ処理施設へ輸送されるまでの過程で環境中に出てしまったあと、雨で流され最終時には海に流れ着くのだそうです。その廃プラスチック、例えばペットボトルは飲むのはあっという間ですが、これが海ゴミとして海に残る期間は450年にもなるんですって(@_@;)

その海ゴミが増えると、どんな事が起きるのか!

実は海水には低濃度の汚染物質が含まれていて、その汚染物質を廃プラは吸収しやすいので、ゴミについた汚染物質をあちこちに運んでしまっているんだとか。そしてそのゴミを魚が食べちゃうでしょ。魚の体内には汚染物質が蓄積されて・・・それをまた私達人間が食べる。ヤバいんですよ┐(‘~`;)┌

ゴミの3R

3Rは、廃プラそもそもの量を減らすリデュース(Reduce)、繰り返し使うリユース(Reuse)、そして資源として再利用するリサイクル(Recycle)のことを言うんですが、この3つのRにも優先順位があって、1番はとにかくゴミを出さない削減なんです。最初に書いたスタバのストロー廃止もこれですよね(^_-)有名な会社が便利なプラスチックのストローを廃止する事で、廃プラを減らすだけじゃなく地球環境への配慮やeco意識の向上にも貢献しているんですね。本当に素晴らしいと思います。

今、世界中で廃プラ問題に取り組んでいます。

アメリカではスタバを始め、マックの包装紙をエコ資源にしたり、廃プラから別の物を作り出したり、イギリスでは王室もプラスチックの使用の禁止やオランダは世界初の完全プラスチックフリーの食品売り場が出来たり、スウェーデンではなんと再生可能エネルギー100%を目指しているなど。
日本でも、はるやまがペットボトルからYシャツを作ったり、三井住友海上火災保険が社員食堂からプラスチック製ストローとカップを廃止、紙製に切り替えたりと、徐々にeco活動が広がってきています。

私が皆さんにオススメしたいのはエコバッグv(‘-^)ゞ

ウチの中を見てみると、ありとあらゆる物がプラスチックで出来ていて生活をする上で欠かせない物になってはいますが、少し意識すればプラスチックを使わない、または減らす事はいくらでも考えられます。
最近ではスーパーのレジ袋が有料になっているところも増えてきましたが、それよりも「エコバッグをいつもカバンに入れておいてレジ袋を使わない。」こんな小さな行動でもみんなでやれば大きな違いが出てくるかもしれませんね(^_-)

 

参照記事 朝日新聞GLOBE+ IDEAS FOR GOOD BBCニュース

コメント

  1. […] 以前にもマイエコバッグの記事を書かせていただいたのですが、実はミニストップがレジ袋の有料化実験開始というニュースを見て、またあれこれ書きたくなっちゃいました(●´ω`●)ゞ […]