中沢康彦/もしかしたら停滞期?、昨日のダイエット日記

この記事は私が書きました。

猫大好き/目が悪いので誤字多いです m(__)m
20kgのダイエット成功がきっかけで、3つの還暦チャレンジしています。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指して練習を始めてます

--コンテンツをご覧ください--
ダイエット日記/ダイエットの結果
私が痩せた方法/5つの習慣ダイエット
運動記録弁当記録

中沢康彦をフォローする

体重測定:+200g トータル -14.4kg/82日目
二日続けて体重増、もしかしたら停滞期かな?

おはようございます。
今日は雨、雷雨もあるかもとのこと。気温は29-26℃の予報です。
雨の公園まで散歩してきました。

ダイエット中に同じ食生活、同じ生活スタイルを続けていて体重の増減に変化があったら、身体の中で何かが起きていると考えたほうがいいわけだけど。いわゆる「停滞期かな?」ということですよね。

僕の場合は開始80日くらい、逆に気味が悪いくらい順調に体重が落ちてきたので、ここらで停滞期が来ても全然おかしくないとは思いますが。ここしばらく続いている便秘気味ってこともあります。
ぢ の痛みはもうなくなっているんですが、便が全くでないこともないし、でも快便ではない、くらいの便秘は続いているんです。その影響かなとも思うんですが。

様子を見ながらどう対処していこうか。それを考えるのもワクワクだったりします。
まずは快便の状態に戻さないとってことが先決で
本当に停滞期だったとしたらチートデイも行ってみたいなって気持ちもあったり

そうそう、皆さんが今日はチートデイとか、ダイエットの休日って言ってやっているのって、どうもあまりうまくないんじゃないかと思ったりもするんですよね。
そもそもチートデイは停滞期のときに行わないと意味ないのだし、体脂肪率が高い状態だとチートデイの効果は望めないのだし。
食べないストレスを解消するというメンタル的な効果はあるけど、それも計画的にうまくやらないとかえってストレスを大きくしてしまうことにもなると思うし。
ただ、これは学んで知っている知識です。
自分自身チートデイってやったことないんですよね(笑)
なので本当に停滞期なら自分でチートデイをやってみたいという気持ちもあります。

また停滞期が来たなら体重の減少を見て楽しめないのだから、筋トレを行って身体の変化を楽しもうかなとも思っていましたし。停滞期が来たなら北出楽しみながらダイエットしていこうと思っています。

とりあえず。
便秘解消と停滞期脱出のどちらにも効果的と思われる
水分を増やす。食物繊維を増やす。ストレッチを行う。
このへんを意識していきたいと思います。

昨日の食事
昼食(13時すぎ):食物繊維とプロテインとサプリ
スーパーの弁当、カップヌードル、サラダ(写真)
17時ころ:食物繊維ドリンク
夕食(20時まで):食物繊維とプロテインとサプリ
16時間断食できました。

水分摂取 2リットル(フレーバー 青汁1スティック)
水分摂取 1リットル(白湯)
コーヒー 1杯

昨日の歩数:10054歩

上に書いたように、ストレッチを始めようということで。
YouTubeのエクササイズ動画見ながらやるのがいいよなって思って
いっぱいあるんですよね。
とりあえず、そんなにしんどくなくできそうなこれを選んでやり始めています。
筋トレ前後に最適な12分間の全身ストレッチ
昨日は食後と夜に2回やりました。

昨日は買い物に行ったり、床屋にいったり、出かけていたので料理を作るのも面倒になってスーパーのお弁当でした。カップヌードルも。
僕は控えているけれど結構ジャンクフードとかインスタント食品って好きなのです(笑)

ただ、以前だったらこのくらいの量だとペロリと食べていたのに。
お腹いっぱいでご飯は 1/3くらい残しちゃいました。

コメント

  1. 森みちこ より:

    停滞期も大事ですよね。
    もし停滞期なく、どんどん体重落ちたら
    それって病気の落ち方ですもんね^ ^

    ダイエット師匠.中沢さんの
    チートデー実践報告も楽しみにしてまーす♫

    • 中沢康彦 より:

      停滞期ってのはホメオスタシスという、自分の身を守るための機能が働いてしまうものですから仕方のないことです。
      ただ、予備知識がない人が停滞期になって体重が落ちなくなったとき気持ちがめげて挫折することが多いんですよね。
      行っても私自身停滞期になるようなダイエットをするのは26年ぶりなのですから、停滞期を経験できることも楽しみだし、乗り切るために考えている作戦を試せることにワクワクしているんです。26年前には、チートデイなんて考え方はなかったですしね(笑)