6月11日(火)弁当/肉団子の甘酢あんかけ、きんぴらごぼう、卵焼き、ポテトサラダなど

弁当作りながらなんとなく思っていたことを文章にしてみます。

弁当作るのってめんどくさいという人いるし、大変だと思う人もいると思うし、僕自身そうだよなと思うところもあるんだけど。逆に弁当があるとめんどくさくないと思うこともあります。
弁当がない日に断食明けの時間が近づいて、今日は何を食べようと考えて支度をしたり。あるいは外に食べに出かけたり。つまりそれってお腹がすいているときに何かをするってことだけど、それが超めんどくさいと感じるのです。

弁当があればそれを食べるだけ。弁当以外の支度をするものもあるけど。みそ汁とかぬか漬けとかキャベツ納豆とか。でもそれらはいつものお決まりのものを用意するだけ。食事の前にあれこれ考えることなくパパっと支度ができます。

僕自身は自分のことをとてもめんどくさがりだと思っています。
食事のことで言ったら、お腹すいたから何か食べたいけど、めんどくさいから簡単なものでいいや。カップラーメンとかインスタント食品とか。と、ついつい思ってしまいます。

「作るとき」は時にめんどくさいと思ってしまうこともあるんだけど。
「食べるとき」には弁当があるほうが圧倒的にめんどくさくないのです。
ということで弁当はめんどくさがりには合っている食事のスタイルなのかもしれないと思っています。

ということで
今日の弁当の内容はこちら

炊き込みご飯(白米、もち麦、ひじき、人参、しめじ)、ゴマ昆布
肉団子の甘酢あんかけ
冷食:焼きそば
卵焼き
きんぴらごぼう(ごぼう、人参、ちくわ)
ポテトサラダ(ジャガイモ、サツマイモ、ゆで卵)
サニーレタス、プチトマト

スポンサーリンク

このブログの主なコンテンツ

20kgの減量がきっかけで3つのチャレンジをするようになりました。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指してのランニング

コメント