7月4日(木)AI弁当レシピ/鶏もも肉とパプリカしめじのバター醤油炒め、卵焼き、サラダなど

毎日暑いですね。今年は梅雨入りが遅かったですし、梅雨明け前に本格的な夏になっています。予報では今年も観測史上最も暑かった昨年に匹敵する暑さになるとか。

弁当作りもスタミナアップを考えなければと思います。スタミナと言えば、うなぎや焼肉を連想する人も多いでしょう。もちろん、それらにはビタミンB群が多く含まれ、エネルギーの生成に効果的な食材ですが、スタミナアップには何を食べたら良いかというよりも、いろいろなものを食べたほうが良いのです。つまり、栄養バランスが大事で、主食も主菜も副菜もバランスよく含まれ、たくさんの食材を摂れる食事がエネルギーアップしやすいんです。

そういう意味で、僕の弁当は主食は基本的に炊き込みご飯でいろいろ入っていますし、主菜と副菜を必ず揃えています。今日は煮物もサラダもそれぞれ2種類入っています。おかずの美味しさはさておき、種類の豊富さはなかなかのものだと思います(笑)。

今日も美味しく食べられてね。

ということで

スポンサーリンク

今日の弁当の内容

炊き込みご飯(白米、もち麦、ごぼう、人参、しめじ)、シソ昆布
鶏もも肉とパプリカ、しめじのバター醤油炒め
大根と人参と椎茸と鶏むね肉の煮物
卵焼き
竹輪入り切り干し大根と人参の煮物
竹輪キュウリ
チキンサラダ(レタス。サニーレタス、サラダチキン)
ポテトサラダ(ジャガイモ、サツマイモ、ゆで卵)
サニーレタスとプチトマト

AIレシピ/鶏もも肉とパプリカ、しめじのバター醤油炒め

カラフルなパプリカとしめじが鶏もも肉と絶妙にマッチ。バター醤油の風味が食欲を引き立て、冷めても美味しいのでお弁当に最適です!

材料(2人分)

  • 鶏もも肉:200g
  • パプリカ(赤・黄):各1/2個
  • しめじ:1/2パック
  • バター:大さじ1
  • 醤油:小さじ1
  • みりん:小さじ1
  • 酒:小さじ1
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • サラダ油:適量

作り方

  1. 材料の準備
    • 鶏もも肉は一口大に切ります。
    • パプリカは種を取り除き、一口大の乱切りにします。
    • しめじは石づきを取り、小房に分けます。
  2. 下味をつける
    • 鶏もも肉に塩とこしょうを軽く振り、下味をつけます。
  3. 炒める
    • フライパンにサラダ油を適量熱し、中火で鶏もも肉を炒めます。
    • 鶏もも肉に火が通り、表面がこんがりと色づいたら、パプリカとしめじを加えます。
    • 全体がしんなりするまで炒めます。
  4. 調味料を加える
    • バターを加えて全体に絡めます。
    • 醤油、みりん、酒を加え、調味料が全体に行き渡るように炒めます。
  5. 仕上げ
    • 全体がよく混ざり、調味料がしっかりと絡んだら火を止めます。
    • 味を見て、必要なら塩で調整します。
    • 冷めても美味しいので、お弁当に詰める際は冷ましてから詰めましょう。

ポイント

  • バターと醤油の香りが食欲をそそる一品です。
  • パプリカとしめじの食感がアクセントとなり、鶏肉との相性も抜群です。
  • バターは焦げやすいので、最後に加えると風味がよくなります。

このレシピを参考に、美味しいお弁当おかずを楽しんでください。

このブログの主なコンテンツ

20kgの減量がきっかけで3つのチャレンジをするようになりました。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指してのランニング