小食で脳の機能が活性化する/昨日のダイエット日記

この記事は私が書きました。

猫大好き/目が悪いので誤字多いです m(__)m
20kgのダイエット成功がきっかけで、3つの還暦チャレンジしています。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指して練習を始めてます

中沢康彦をフォローする
今日のスタディ

減量コース:体重 -400g、トータル -23.5kg/198日目
ダイエットチャレンジ3日目

おはようございます。
今日の天気は曇りのち晴れ、20-9℃の予報です。
最低気温が10℃を下回ってきました。
早朝の公園を歩いていると手が冷たいです。

ダイエットチャレンジ3日目ですが、体重はどんどん落ちていて
3日で-1.7kg、今朝の体重は 59.9kgでした。
水分が抜けているのだと思いますが、ちょっとペース早すぎです。

昨日の食事

昼食(13時):食前に食物繊維ドリンク、バナナ
主食:十六穀発行玄米 卵納豆かけ
汁物:みそ汁(白菜としめじたっぷり)
主菜:手羽もととじゃがいものピリ辛煮
副菜:サラダ(レタス、プチトマト、ゆで卵、鯖缶)、湯どおしキャベツともずく酢
食後に柿 1個 
(ここまでで約1272kcal、タンパク質 65g)

食後にサプリ
夕食(20時までに):食物繊維とプロテインとサプリ

プロテインや飲料、諸々含めて
1日合計 約1512kcal/タンパク質 85.5g
16時間断食できました。

水分摂取 1リットル(常温の水)
コーヒー 3杯
玄米茶 1杯
ダイエットコーヒー 1杯

カロリー計算はめんどくさいから好きじゃないんだけど。今回の減量コースは定量的に結果を判断してみたいと思って計算しています。
昨日は1500kcal以上と、前日前々日より多くなっています。要因は、ご飯を卵納豆かけにしたことと食後の柿です。卵と納豆と柿で300kcal以上ありますからね。
健康に良いからという理由で追加する食材ってあると思うんですが。それだけカロリーも高くなるんだということも、カロリー計算をしてみたらわかりやすいってことです。

いわんや。
あなたが「美味しいから食べたい」「小腹すいたから食べちゃえ」といった食べ物って、結構大きなカロリーがあるものですし。それが十分ダイエットの妨げになるんだってことも、カロリー計算をしてみるとわかりやすくなるってことです。

運動
昨日の歩数 4225歩 朝の散歩

今日は木曜で筋トレの日なので頑張ります。

今日のスタディ【小食シリーズ②】

皆さんに空腹を感じたとき「つらい」ではなく「嬉しい」と思っていただけるよう、「小食シリーズ」ということで、小食のメリットを紹介する企画をしていますが。

今日は脳神経外科の先生が書かれた「小食にすると脳機能が活性化する」という本の紹介です。
こちらの動画ご覧ください。

【話題作】「脳神経外科医が勧める 1日1食で頭脳明晰」を世界一わかりやすく要約してみた

動画の内容は下記の3項目になっていて

①病気の予防と改善に「1日1食」
②1日1食が脳に与える影響
③1日1食をスタートするには

日々患者さんの治療をしながら西洋医学の限界を感じるようになった著者は、東洋医学の病気予防の考えを取り入れるようになったそうです。そして病気の原因となる「農薬」「添加物」「化学物質」「精製糖質」「人工物」「有害金属」などの摂取を避けることから取り組み始めたけれど。現実的には現代社会でこれらを身体に入れないようにつるのはなかなか困難なことで。だったら食事の回数を減らすことが一番効果的、そして「1日1食」にたどり着いたのだそうです。

そして、脳神経外科医の著者がいう小食が脳に与える影響というのは、自律神経の司令塔として生命活動をつかさどる「脳幹」の健康に関るのだと指摘しています。

現代人は日々大量の情報を処理していて大脳を酷使している。その影響で脳幹の機能が低下している。そんな機能低下した脳幹に刺激を与えて活性化させるには、小食に寄って適度な飢餓状態を作ることが効果的であるという理屈です。

身体に少し危機感を与えることで身体は強くなる。

これって、空腹時間を作ることでオートファジーという細胞再生の機能が活性化したり、長寿遺伝子が働きだしたり、適度なストレスがアンチエイジングや健康長寿につながるということと同じ理屈ですね。

1日1食でダイエットの効果や健康状態の改善、美容やアンチエイジングの効果など、様々な効果があるといいますが。脳の機能が活性化することもそれらの効果につながっているんですね。

昨日の動画では小食にすると集中力が上がって仕事や学習の効率が上がるという話もありましたし、睡眠の質が上がるとも言われます。これらは私自身も実感していることなのですが。それは脳の機能が活性化しているからってことなんですね。

ますます「小食ってすごいな」と思うんですね。

あなたのお腹が、グ~~ってなった時
あなたの頭が良くなっているってことですもんね。

ということで
今日紹介した小食や空腹で得られるメリットは
頭が良くなるという話でしたが
まだまだ他にもありますよ。
明日も小食のメリットを紹介します。お楽しみに!!

中沢康彦のプロフィール
中沢のダイエット結果 2022-4-11より

管理人のブログ

20kgの減量がきっかけで3つのチャレンジをするようになりました。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指してのランニング

コメント