猫が21歳になりました2: 慢性腎臓病の診断から1400日を生き抜いて (ホテルの本棚)-風木 一人 (著)/読書履歴

読書メーター

◆人間でいえば100歳以上。元気とは言えないけれど少しでも穏やかに暮らしてほしい――絵本作家風木一人がつづる21歳の愛猫ムギとの日々。第2巻。
(本文より)「これまで闘病という言葉はあまり使ってこなかった。ムギは自分でごはんを食べ、トイレに行き、そういう意味ではふつうに暮らしているので、病気と闘っているというよりは、つきあっているのだと思ってきた。でも、どうなのだろう? 毎日注射で水分を補給しなければいけないとなると、これはそろそろ闘いなのかもしれない」ウェブマガジン「ホテル暴風雨」人気連載の電子書籍化。◆電子書籍の1~3巻を合本した紙書籍も発売中です。

◆目次
【2/24】肛門腺破裂と猫にやさしいエリザベスカラー
【3/4】自宅での皮下輸液は難しいか?
【3/10】キドニーキープの匂いが変わった?
【3/21】猫の名前ランキングでムギが2年連続1位!
【3/25】ラプロス・セミントラ・フォルテコールの比較
【5/20】皮下輸液を毎日にした結果はどうだったか?
【5/23】シニア猫の足がすべる原因は?
【5/29】尿素窒素が120、クレアチニンが6.9に
【6/6】18歳以上の猫さんに長寿表彰状♪
【6/13】食欲増進のためのフード選びと与え方
【6/21】猫が21歳になりました
【あとがき】

◆風木一人(かぜきかずひと)プロフィール
絵本作家・翻訳家・ホテル暴風雨オーナー。主な著書に『とんでいく』(福音館書店)『とりがいるよ』(角川書店)『にっこりにこにこ』(講談社)『ぬいぐるみおとまりかい』(岩崎書店)『ながいながいへびのはなし』(小峰書店)などがある。イタリア・フランス・韓国・中国・台湾でも多数翻訳出版されている。主な訳書に『こくばんくまさん つきへいく』『かべのむこうになにがある?』(青少年読書感想文全国コンクール課題図書2019)などがある。

◆「ホテル暴風雨」は世界初のホテル型ウェブマガジンです。最も古くて最も新しい、どこにもあってどこにもないホテルから、エッセイ・漫画・小説等を毎日発信しています。「ホテルの本棚」は「ホテル暴風雨」の出版レーベルです。

以上、Amazonの紹介文

猫が21歳になりました2: 慢性腎臓病の診断から1400日を生き抜いて (ホテルの本棚) Kindle版
風木 一人 (著)

スポンサーリンク

感想

私の愛猫ももちゃんは18歳、いつなにがあっても。と覚悟をしておかないといけない高齢猫になっていますし。ムギちゃんの話は勇気になります。

高齢になるといろんなことがあります。ももちゃんも慢性腎不全と診断されたことがあって、皮下注射や療養食も経験しました。腎不全に関しては奇跡的に改善したんですが。いまは排泄するのが大変になっていて、週に一度くらい助けてあげないといけない状況だったり。

人によっては、ペットの動物にそこまでしてあげないといけないの。と思う人もいると思いますが。愛猫と言うのはそこまでしてあげたくなるものなのです。そのへんのことに共感できる本です。ムギちゃんを見習って頑張ります😺

このブログの主なコンテンツ

20kgの減量がきっかけで3つのチャレンジをするようになりました。
①健康長寿のためのファスティングと腸活
②料理の練習、弁当作り
③マラソンランナー目指してのランニング